恋愛力☆第12回「口説く」


素敵な彼女(彼氏)を持ちたいですか~?

は~い!

素敵な女性(男性)とエッチしたいですか~?

は~い!

では、相手を口説く必要があります。
(女性からエッチを求める場合は口説く必要がないかもしれません)

口説くための恋愛テクニックは、たくさんあります。

でも、テクニックを使えば、うまくいくなんて
甘っちょろい考えを持っている人はいないと思います。

でも、テクニックだけで口説いて落ちてくれれば、
楽でいいな、と思っている人は、たくさんいます。

恋の駆け引きは、作戦としていくらでも考えられます。
でも、恋の駆け引きの効果が出るかどうかは、
テクニックの問題ではありません。
テクニックを必死になって考えていると、策に溺れます。

いかに良いテクニックか、そればっか、
頭を働かせていると大切な事を忘れてしまい、
後で痛い目に会います。


この恋愛力メルマガは、恋愛テクニックを使う上で土台となる内容です。
土台もできていないのに恋愛テクニックを使っても効果はありません。
ちゃんとバンクナンバーの内容を理解した上で、
「口説く」を服用ください。

では、口説くとは、どういうことなのでしょうか?

ボクの解釈では、
口説くとは、相手に対して今までとは違う状況を要求することです。

友達だった関係から恋人の関係に変化させる。

エッチしていない関係からエッチする関係に変化させる。

等々…。

相手も望んでいれば、口説いてすぐにOKがもらえます。
ジラされて、なかなかOKがもらえない場合もありますが…(^^;)

相手にとって、
望んでいる状況か、望んでいない状況か、
それによって難易度が違います。

相手が望んでいるケースは、口説く事は単にキッカケでしかありません。
問題としているのは、相手が望んでいないケースです。

相手が望んでいない状況にしようとするのですから、
当然、相手の答えはNOとなります。

でも、簡単にNOと言われてしまっては、口説く意味がありません。
簡単にNOと言われないようにしなくては、いけないのです。

それでは、相手がNOと言いづらい状況とは、
どういったものなのでしょうか?

NOと言ったら、何らかの損失がある場合、相手は考え込みます。
気まずい雰囲気が嫌なのでNOとも言えないこともあります。
場合によっては、YESともNOとも言えないこともあります。

相手に考えさせ、相手の防御を1つ1つ崩していくことにより、
口説き落とすことが可能となるのです。

その秘訣とは?

まず、口説く時の戦略が必要です。

相手がNOと言えてしまうのは、今までの関係の方が心地良く、
要求された関係を選びたくないので、そんな結果になってしまうのです。

ですから、今までの関係には戻れないことを強調しなくてはなりません。

恋人の関係より友達の関係のままでいたい。
と、思われしまっては口説き落とせません。

今までの関係を破壊し、
要求した関係しか選べないという状況を作らなければならないのです。

勇気が必要ですね。
失敗したら会えなくなってしまいます(;_;)

でも、心配はいりません。
相手も会えなくなることを悲しいと思っています。

えっ、思っていない?
それは、今までの恋愛力の内容を実践していないからです。

失ってもいいと思っている相手に口説かれても、
NOと言われて終わりです。
失いたくないと思わせておいてから口説くのです。

相手にとって必要な存在になっていなくてはなりません。

冷静に考えてください。
感情的に行動しては、相手を失うだけです。

相手を、自分の思うままにしようと思ったら、
まずは自分自身をコントロールしなくてはなりません。
それが恋愛コントロールです。

相手はアナタを必要としていますか?
どういう意味でアナタを必要としていますか?
アナタを失うことを恐れていますか?
恋愛分析力が十分でないと大切な事を見過ごしてしまいます。

例えば、前回のテーマの「相性」が良いという認識をさせておくだけで、
必要な存在と感じさせることもできます。

単なる友達という意識を越えた状態を作っておいてから口説くのです。
そうすれば、結果が見えます。

結果が見えないうちに口説いては、
相手はどんどん離れて行ってしまいます。
これは、最悪な状況ですね。

口説くことは攻めることになるので、
相手は、どんどん防御を強めてしまいます。
これでは、いつまで経っても落とせません。

口説いた時に相手の反応を見れば、分かるはずです。
このまま口説き続ければ、相手は落ちてくれるのか、
それとも、形勢不利とみて、一旦退却が必要か?

形勢不利なら素直に認めましょう。
相手も失いたくない存在と思っていれば、
素直に認められるアナタを頼もしいと感じます。
それによって、
一段とアナタの存在が大きく感じられるようになるのです。

諦めるということではありません。
一旦退却なのです。

退却したから終わりとはなりません。
相手は意識し続けます。

アナタが口説いてきたことを意識させることが効果を生むのです。
ですから、NOと言われた後、
「今までの関係は続けるけど、自分の気持ちは変わっていない。」
という態度を取り続ければ、圧力をかけ続けることができます。

ココからが、恋の駆け引きのかけどころです。
押してばかりでは、落ちません。
相手を引きつけないといけません。

口説いてばかりでは、引きつけられません。
相手は、逃げていくかもしれません。

距離を置くことも必要です。
一旦は引いて、相手に安心を与えます。

でも、アナタが必要な存在になっていれば、
離れていきそうなアナタのことを思い、不安に感じるようになります。

相手を失いそうな時に、「恋に落ちる」のです。

そういう場面を作り出してこそ、
口説くことができるのです。


次回は、口説くパート2として「エッチ」を取り上げます。
男性向けのテーマですね。
でも、女性が読むと、口説いてくる男性の対策として価値があります。
さて、アナタはエッチまで行き着けるのかな…


カテゴリー: 恋愛力 | 投稿日: 2017/03/24 | 投稿者: Editor