恋愛力☆第20回「男をその気にさせる方法」


今回は、女性向きの内容です。
といっても、男性に読んで欲しいから、このテーマを選びました。
男性は引っかからないようにするために読んでください。

さて、
恋愛に勝ち負けはありませんが、恋した方は苦しい立場になります。

自分の希望を叶えてもらえず、
相手の希望どおりになろうとしてしまいます。

相手の希望どおりになれば、
相手はもっと自分の事を好きになってくれるだろう、
と安易な方法で相手を口説こうとしてしまいます。

大きな間違いです!

相手の希望どおりになろうとすると、
どんどん、自分が恋に落ちて、相手は恋に落ちません。

相手を自分の希望どおりにさせないとダメなのです。

基本的に男性は口説く側です。
女性でも口説く人はいるでしょうが、基本は待ちでしょう。

このため、男性の陥る問題は、
口説いているうちに自分が、どんどん恋に落ちてしまうということです。
口説かないと実が結ばないし、口説いていると自分が苦しくなってくる。
どうすることもできなくなってしまいます。

男性のための対策は次回にするとして、
今回は女性のための対策です。

簡単ですね。
そうです。
男性に口説かせればいいのです。
男性は口説いているうちに、どんどん女性を好きになってしまいます。

男性は好かれようとして、どんどん尽くしてくれます。
尽くせば尽くすほど、自分が好きになってしまうのです。

いいですか?
尽くしてもらえるから好きになるのではないですよ。
尽くしてしまうから好きになるのです。
(心理学の認知性不協和理論です)

恋愛経験が少ない、あまりモテない女性の場合は、
嬉しいという気持ちから好きになってくれますが、
そうでない女性は、都合のいい相手ができた、と思っている程度です。

尽くしていると男性の方が恋に落ちてしまいます。

つまり、男をその気にさせる方法は、
男性に口説かせる、男性に尽くさせるです。

口説いてくれるけど、尽くしてくれない男性の場合は、
どんどん、要求を出しましょう。
何をしてあげたらいいのか分からない場合があるのですから。

できない事を頼んではダメです。
簡単にできることを頼むのです。

男性にしてみれば、そんな事は簡単だ。
自分の気持ちをアピールしたい。
カッコイイところを見せたい。
頭のイイところを見せたい。
と思っているのですから、要求を果たそうとします。

そうやって尽くしているうちにどんどん好きになってしまうのです。

最近の若い男性は、口説かない人が増えてきているような…。
でも、口説くことが損と考えているようには思えません。

むしろ、口説くと自分が苦しい立場になりやすい傾向があるようです。
恋愛に関して強い男性は、口説いたり尽くたりしても、
うまく執着を外して苦しい立場にならないようにしています。
恋愛力が弱いと、すぐに苦しくなってしまいます。
もっと恋愛力を高めないとダメですね。

口説いてこない男性を、なんとか口説かせれば、その気になってきます。
好きだから口説いてくる、と考えないで、
口説いているから好きになってくると考えましょう。

では、口説いてこない男性をどうするか?

まず、始めの作戦は、
「その気があるフリをする」です。

口説ける可能性が低いと思うと男性も諦めてしまいます。
ですから、可能性が十分にありますよ、という素振りを見せるのです。

可能性があれば、少しは口説いてみようか、という気になります。
口説いてきたら、どんどん、引き込んでしまえばいいのです。
男性は、誘いに乗ってくれれば、勘違いをしてしまいます。
デートしてくれただけで、気があると思ってしまいます。

男性は単純です。
口説いてきてくれれば、その後は自由自在でしょう。

では、その気があるフリをしても口説いてこない場合は、
どうしましょう。

もっと、女性らしさをアピールです。
女性として意識してもらえないと、口説いてもらえません。

一番、効果的なものは、セックスアピールです。
セックスの経験が多い少ないは関係ありません。
自分が女性であることを意識して磨きを掛けようと思っていれば、
おのずと男性は感じ取っています。

まずは、服装。
女性らしい服装かどうか。

それと、化粧。
キレイになろうとする意識が女性らしさを強調しているのです。

それから、素振り、言動、表情。
女性らしく振る舞おうとしていると、
男性を受け入れようとしているように感じます。
女性らしく振る舞おうとしていないと、男性は逃げていきます。

こういう基本的な事を、まずはやってみることです。

それでも、振り向かない男性には、スキンシップです。

スキンシップは、
気があるフリにもなるし、
受け入れる気持ちがあることも表現しているし、
なんといってもセックスアピールとして強烈です。

男性は、見ることも好きですし、触ることも好きです。
でも、触りたくても触れません。
セクハラになってしまいますから。

触ってくる女性だと、男性は自分も触っていいのかな?
と考えてしまいます。
意識せざるを得ません。
セックスを意識してきます。

男性の場合、好きでない女性ともセックスできます。
もう少し詳しく言うと、セックスできる女性を好きになります。
極端な言い方をすると、
セックスする時だけ一時的にその女性を好きになります。

ですから、セックスする女性を好きになっています。
好きでないと立ちませんから…(^^;)

セックスすると性欲が冷めたと同時に、
好きという気持ちが冷める場合もあります。

もともと好きでなかった。

セックスしたという達成感に満足して、好きという気持ちが冷めた。

…安易に体を許さない方がいい事はよくご存じでしょう。

それでは、
男性がセックスしても気持ちが冷めないということはあるのでしょうか?

恋する気持ちは確実に減ります。
恋は、手に入らない苦しみです。
手に入れば、それはなくなっていきます。

だから、恋を愛に変換する必要があります。

愛は、求め合う気持ちです。

男性が女性に尽くして、女性が体を許す。
このバランスが取れていると、ふたりは離れていきません。

女性が体を許すタイミングも、その後も、
このバランスに注意していれば、別れは訪れません。

注意:恋愛期について述べています。結婚期はもっと複雑になります。


では、次回は逆の立場で書いてみましょう。
「女をその気にさせる方法」です。
男性のみなさん、楽しみですね、ウフフ(^-^)


カテゴリー: 恋愛力 | 投稿日: 2017/06/22 | 投稿者: Editor