恋愛力☆第38回「体を許してもらう」


久々に過激なテーマを選んでみました(^O^)
こういうテーマだと気合いが入るんだよな~。
やっぱりエッチな話は好きです…エロ話ではないです!

さて、「体を許してもらう」。

どうしたら体を許してもらえるだろうか?…男性の最大のテーマですね。

要するに体を許してもらえない理由を掴んでしまえばいいのです。
簡単のようで難しいですね。

何もアプローチをかけていないと、
理由を知るのは困難です。

アプローチをかければ、
自然と理由が分かってきます。

なになに?
アプローチをかけられない?

んん~、大人の恋愛の話ですからね。
アプローチをかけられないっていうのは困りますね。
論外になってしまいます。

ボクなんか、がんがんアプローチかけます。
早すぎて、フライング状態です。

あまり早すぎると拒まれる理由さえ分かりません。
相手にすれば、出会ったばっかりなのに…と思うだけです。

体目的で迫ってきていると思われたら、お先真っ暗です。
でも、そこは上手く対処します。
あくまでも、好きだから!
と思わせることが必要です。

真剣さは大切です。
でも、エッチな事と真剣さって、なぜだか矛盾するんですよね。
滑稽なものです。

でも、その滑稽さを押し切るのです。
傍目からは滑稽でも、当事者同士では真剣そのものです。
そんな感じに迫ります。

でも、断られます。
これって、告白と同じです。
初めは断られて当たり前と思って迫ります。

相手のセックスに対する経験、寛容度、拒否の理由を
掴むために迫るのです。

ちょっとエロオヤジになってしまいますが、
拒否されると気まずい雰囲気になってしまうので、
笑いで誤魔化せるような準備は整えておきます。

相手が真剣に考えている場合は、
笑いで誤魔化してはダメです。
本気でないと思われてしまいます。

少なくても、相手の基本的な性格は押さえておきましょう。
エッチな話に対する相手の反応が分かっていれば、
初めの迫り方もおのずと分かってくるでしょう。

エッチを迫ったら嫌われそうで怖い。
と、思っている人いますか?
子供じゃないんだから、大人として接する気持ちになりましょう。

さて、女性が拒否する理由は様々です。

・まだ早い。
・そういう相手に思っていない。
・経験が無い。
・経験が少ない。
・セックスが嫌い。
・遊ばれそうで怖い。
・妊娠が怖い。
・病気が怖い。
・セックスそのものが怖い。
・結婚するまでイヤ!
・浮気をするつもりはない。
・不倫をするつもりはない。
・体を許すのがもったいない。

理由は複合的です。
また、本音と建前があります。

情報は正しくキャッチしなくてはなりません。
そうしないと、堂々巡りで永遠にエッチに持って行くことができません。

それぞれの理由に対する対処方法は述べません。
いちいち述べても意味がありません。

理屈で論破できても、体を許して貰えるとは限らないのです。

女性は、最終的には感覚で結論を出してきます。

理屈で勝てても、結局、なんとなくイヤ!ということになってしまいます。

大切な事は、普段の行いです。

感覚的にイヤ!と思われたら、どうしようもないのです。

だから、
感覚的に許してもいいかな~と思われるようになってから、
最後の踏ん切りをつかせるために迫るのです。

迫るときのポイントは、
「気持ちとして体を許してもらう!」
ということです。

エッチしたい!
エッチさせて!
では、ダメです。

女性は逃げていきます。(逃げない女性もたまにはいますが…)

好きだから、欲しいんだ。
本当の気持ちが知りたい。
許してくれれば、本当の気持ちが分かる。

というような具合です。

この言葉を生かすには、
迫る前に十分な愛情を注いでおかなくてはなりません。
そうでないと、軽薄な言葉になってしまいます。

愛は、お互いに求め合うことです。
十分な愛情を注いでおいて、
相手の愛情を求めるのです。

相手にとって成立させたい愛か?
成立させたくない愛か?
分かれ目です。

こういう瀬戸際になる前に恋の駆け引きをたっぷりしておくと、
大事な場面で相手は、無意識のうちに崖っぷちに立たされた感覚に陥ります。

安易に断ることができなくなります。

女性は迫られると、無意識のうちに逃げようとしてしまいます。
だから、前もって「逃げてはいけない」と
思わせるようにしておくのです。

いろいろ準備も必要でしょう。

いろいろ準備(セッティング)してくれたのに断るのは申し訳ない、
と思って貰うことも大切です。

どうですか?

迫り方が分かりましたか?

でも、これで必ずうまくいくとは言えません。

なにせ、女性は予想不可能な生き物です。

イヤなら、いくらでも理由をつけて断ってきます。

アナタ(男性)の普段の行動・言動がまだまだダメっていうことです。
もっと頑張りましょう。


体を許してもらえると嬉しいです。
分かってくれたんだ、と感激します。
エッチできて嬉しいと思っているようじゃ、許してもらえません。
セックスとは、気持ちが通じ合える喜びをふたりで感じ合うものです。


カテゴリー: 恋愛力 | 投稿日: 2017/10/22 | 投稿者: Editor