恋愛力☆第5回「相手選び/血液型性格判断」


口説き落とせるか、無理か?

付き合う価値があるか、ないか?

そんな事を瞬時に判断できたらいいですね。

無理にアタックを続けると、
精神的、金銭的、時間的な損失が大きくなってしまいます。

苦労しても落としたい相手は、確かにいます。

でも、そういう相手ほど、
失敗にしたときのダメージが大きくなってしまうのですよね。

わざわざ、無理な相手を口説いて、フラれて落ち込む。

これじゃ、恋愛力がどんどん低下してしまいます。

少しでも、結果を出していかないと!

自分にとって相性の良い相手を選び、
それなりの結果を出していきましょう。

相性を判断する方法は、いくつもあるでしょう。

まず、もっともポピュラーなもので、血液型性格判断を考えてみます。

血液型による性格判断は、科学的には証明されていません。

血液型で性格を決めつけるのはおかしい!
という意見も多々あります。

科学的に証明されているかどうか…は、ボクは気にしません。
すべて、自分の実証により、使えるツールかどうか判断します。
経験により、かなり使えると考えています。

血液型性格判断は、世間的には、偏見に満ちているようです。
結局のところ、性格なんて
見方によって長所だったり短所だったりします。

ここでは、長所や短所という点は関係ありません。
どうすれば、相手の気持ちが分かり、
口説く事ができるかが問題なのです。

本音を出しやすい血液型は?
本音を隠しやすい血液型は?

相手の気持ちの中に入るにはどうすればいいか?

面倒を見てあげると効果があるか?
面倒を見させてあげると効果があるか?

自分は好かれているか?
嫌われているか?

血液型の相性によって、反応が違うものになってくるので、
そこから判断していきます。

血液型性格判断の知識は、書籍等で手に入るので、
ここでは説明しません。
各自、情報収集してください。

また、相手が兄弟姉妹の中で何番目なのかによっても、判断できます。
1番上、1番下、真ん中、一人っ子。

血液型と兄弟姉妹の順番で16通りになります。
これだけでも、どう接したらいいのか、ポイントが絞られます。

自分と相手の組み合わせで16×16=256通りになります。

残念ながら、1つ1つ説明できない数です。
説明しても理解はできないでしょう。

むしろ、
とりあえず、血液型による特徴だけを把握し、
実践において照らし合わせてみて、
自分なりの感覚で判断するようにした方が、早く効果が出るでしょう。

友達のような感じで接したり、
甘えるような感じで接したり、
甘えさせるような感じで接したり…、
ボクの場合、血液型を聞いただけで、
相手に対して、どういう気分で接したらいいか、
自動的に反応するようにまでなっています。

相性判断のツールは、100%信じていいものではありません。
あくまでも、判断指標として使うものです。

何も指標を持たないでいると、
相手を理解することに時間がかかってしまいます。

だから、
指標に合っているか、どれだけ違っているか、
というように捉え、効率を上げるために使います。

たまたま、相性が最高に良い相手に巡り会えれば、
何も考えず接しているだけで、うまくいきます。
でも、それを期待していると、いつまで経っても結果はでません。

多少、相性が良くない相手でも、
どうすれば、相性が合うようになるかを考えて行動すれば、
それなりの結果は出るようになります。

人間は、失敗すれば間違いに気づきます。
でも、失敗する前に間違わないようにするために、
相性判断ツールを使うのです。
それが、恋愛分析力です。


次回は、他の相性判断ツールを紹介します。


カテゴリー: 恋愛力 | 投稿日: 2017/06/22 | 投稿者: Editor