恋愛力☆第6回「相手選び/個性心理学」


「個性心理学」ご存じですか?

動物占いと言っている人もいます。

占いか?

初めて、「個性心理学」を知ったとき、ただの占いだと思ってました。

お遊びで、その時、付き合っていた彼女との相性を調べてみました。

アナタの苦労指数 100 相手の苦労指数 0

相性は最悪でした。

まあ、占いだからね。
気にしない、気にしない…。

でも、これって、性格判断が鋭いんです。
価値観というか、恋愛観を厳密に言い切っている。

普通、占いって、
抽象的な表現ばかりで
誰にでも当てはまる表現だったりするんでけど、
「個性心理学」は、きちんと他の人との違いを述べている。

確かに彼女の恋愛観って、そうだよな~。
と関心していました。

そして、…。

ガ~ン!
「個性心理学」どおりの結末でした。
フラれてしまいました(;_;)

こうなると「個性心理学」が気になってしょうがありません。

知っている色々な女性で調べてみました。

知っている女性といっても、
表面的な性格しか分からなかったのですが、
「個性心理学」で出てきた相手の恋愛観と照らし合わせると、
なるほどな~、と感じました。

そういう恋愛観だから、そういう行動を取るんだ~。
と妙に納得してしまいました。

「恋は盲目」と言われます。
好きになってしまうと、
相手を冷静な目で見ることができなくなってしまうんですよね。

相手を理想化してしまい、
すっごく素敵な人間のように思ってしまい、
自分にとって都合の悪い性格、価値観を無視してしまい、
何の手も打たないうちに、どんどん、関係が悪化してしまう。

結局、エゴなんです。
世の中が自分を中心に動いていると思っているのと同じです。

これじゃ、恋愛力があるとは言えません。

恋愛分析力を知識として持っていても、
恋愛コントロールが効いていないと、
間違った行動を取ってしまいます。

自分に対しての恋愛コントロールで、
相手の事を冷静に考えてみる必要があるのです。

ボクにとって、「個性心理学」は、
恋愛分析の最有力ツールになっています。

「相手は、○○の状況で、○○の行動をするはずだ。」

というように、
相手の性格・価値観に照らし合わせて、
行動パターンが読めるようになってきました。

まあ、この時もエゴを捨てないと、
自分にとって都合のいい、歪曲した予想になってしまうので、
ボク自身、まだまだ、訓練が必要ですが…。

★☆★☆★☆
今回、紹介した個性心理学で、
使い勝手の良さで、こちらをおすすめします。

個性心理学
月額210円

なお、このサイトは携帯電話専用です。
また、恋愛に関しての比重が高いので、
ビジネス用をお求めの場合は、別のところを探してください。


次回は、「アプローチ」がテーマです。
相手が決まったら、さっそく親しくなりましょう。


カテゴリー: 恋愛力 | 投稿日: 2017/06/22 | 投稿者: Editor